お通夜と告別式の違いはどこにあるのか

お葬式ではお通夜と告別式の2つの儀式がありますが、その違いはどうなっているのでしょうか。

親しかった方が亡くなったときに、両方参列すべきなのか、どちらかでいいのか、片方だとするとどちらに行くべきなのか、と悩んでしまう方も多いかもしれません。

本記事では、お通夜と告別式の違いを解説していきます。

お通夜と告別式の違いを知りたい方やどちらに出るべきなのか分からずに困っておられる方は是非、参考にしてみてください。

 

通夜と告別式の違いは

それぞれの儀式について、意味や内容、その違いはどこにあるのか説明していきます。

 

・お通夜

お通夜はお葬式の最初の日に行われ、葬儀・告別式の前日に家族や親しかった人が集まって故人との最後の夜を過ごすための儀式です。

「もがり」と言われた古い習慣がもとになっていて、かつては名前の通り、ロウソクと線香を灯し、近親者が夜通し寝ないで故人を見守っていました。

現在は、葬儀を自宅ではなく葬儀場が広く利用されるようになったことや防火上の理由で一晩中火を灯しておくことができなくなったことから、数時間程度で終わらせ、夜のうちに散会する半通夜が主流になっています。

 

地域や宗派によっても異なりますが、一般的には僧侶による読経や焼香を行い、参列者には通夜振る舞いと呼ばれる料理が振る舞われます。

告別式と違い、お通夜は開始の時間に遅れても参列するのがよいとされ、会社帰りなどに参列することもあるため、正礼服である必要はありません。

家族や親戚を中心に、友人、近所の人や職場の人など、基本的には故人と生前関係の深かった人が出席し、故人との別れが済んだあとはあまり長居せずに帰るのがマナーとされます。

・告別式

告別式は翌日に行われ、出棺を前に参列者が故人と最後の別れを告げるための儀式です。

葬儀式は家族、親族が故人の冥福を祈るための宗教上の儀式で、現代では葬儀・告別式とまとめて呼ばれることが多いのですが、本来は別の儀式です。

これに対して、告別式は家族や親族だけでなく一般参列者も交えて故人との最後のお別れをする式典であり、あまり宗教的な儀式にもこだわることはありません。

火葬場に同行するのは家族・親族だけになるため、一般参列者には告別式が故人との最後の別れの機会になります。

 

そのため、この2つは本来、別々に行うべきものなのですが、今では明確な違いはなくなっていて、両方合わせて告別式と呼ぶ場合もあります。

葬儀・告別式では、僧侶による読経のほか、焼香やお花を入れて故人と最後のお別れをする献花など行われるのが一般的です。

お通夜と違い、告別式には礼装である喪服で参列し、開始時間にも遅れないようにします。

お通夜が故人と生前関係の深かった人が参列するのに対して、告別式は一般の参列者でも出席でき、親族や親しいなどを除いて告別式に参加するのが本来であったようです。

ですから、どちらに参加するかは故人とどういった関係であったかで判断すべきといえます。

しかし、現在では、お通夜のほうが仕事帰りに足を運びやすいという人も多くなっていて、近所や職場の関係者などもお通夜のほうで弔問される方も増えています。

お通夜、告別式は故人との別れの時間

いかがでしたでしょうか?

この記事を読んでいただくことでお通夜と告別式についてご理解いただけたと思います。

2つの儀式はどちらも最後に故人を偲ぶ機会ですので、両方は難しいという場合は、どちらかに一方だけでも参列するようにしてみてください。

葬儀探しでお困りなら、当サイトで一番おすすめな葬儀社をご覧ください。