お葬式マナーについて紹介~身だしなみ編~

お葬式に出席する際、身だしなみに関するマナーはどれくらい守れているでしょうか。
お葬式には特有のルールがありますが、すべてを理解できている人は多くはないと思います。

大人になるとお葬式の場において、知らずに恥をかいてしまう場面も出てくるでしょう。
本記事では、欠かすことのできないお葬式の服装や持ち物などのマナーを紹介します。
これからお葬式の予定がある人は最後までご一読ください。

服装に関するマナー

お葬式のマナーはいくつもありますが、まずは服装に関するマナーを見ていきます。

喪服の種類

お葬式で着る服は喪服と呼ばれますが、「正喪服」「準喪服」「略式喪服」の3種類が存在します。

正喪服

正喪服はお葬式を主催する喪主や遺族が着るものです。
喪服の中でも最も格式が高いとされていますが、最近ではお葬式の形態もさまざまであり、略式化とともに、準喪服で代用することが一般的になってきました。
以前ほど世の中で正喪服が重要視されない傾向にあります。

準喪服

準喪服とは、正喪服に準ずるという意味で、正喪服の次に格式の高い服とされています。
一般的には、「喪服」といえば準喪服を指します。
これまではお葬式に参列する人が着るための服でしたが、時代が進むとともに、お葬式の主催側も準喪服を着るのが一般的となってきました。

略式喪服

喪服の中でも略式喪服は、突然訃報を受け遺族を訪問する急な弔問の際や、三回忌などで着用する喪服です。
喪服の中で一番格式が低いとされているので、告別式などの重要なお葬式の際には着るとマナー違反になります。

しかし近年では、急なお葬式の際に準喪服を着ると、「故人が亡くなる想定であらかじめ準備をしていた」とされ、逆に失礼に当たるという意見が出てきました。
そのため、弔問の際はお葬式の種類にかかわらず、準喪服ではなくあえて略式喪服を着る場合もあるので注意しましょう。

準喪服の着こなしで気を付けたいマナー

ここでは、喪服として一般的になりつつある準喪服を着るうえで注意したいポイントを紹介します。

男性の場合

男性の準喪服では、基本的にブラックスーツを着ることがマナーです。
なるべく光沢がなく目立たないものを選びましょう。

上着に関するマナーは特にありません。
一方、パンツは裾の折り返しがないシングルのものが望ましいとされています。

靴のデザインは、シンプルなものであるほど好ましいとされています。
そのため、つま先のデザインはストレートチップと呼ばれる横一文字にラインのはいったものがおすすめです。

色に関するマナーについては、シャツは白色の無地で、ネクタイ、靴、靴下はすべてスーツに合わせて黒に統一することが一般的です。

女性の場合

女性の場合も黒色の服で統一します。
特にデザインに指定はありませんが、スカートの丈は基本的にひざ下までにしましょう。

お葬式は、伝統的な行事であるため、周囲に不快感を与えるべきではないという考えがあります。
そのため露出が多い服や、体のラインが出やすい服は避けたほうが無難です。

靴は派手に見えないよう、つま先の丸いものが好ましいです。
またヒールは3~5センチ程度のものがふさわしいとされています。

前もって喪服が準備できない場合

急な弔問の際に、どうしても喪服が準備できない場合も出てくるでしょう。
そういった場合は、なるべくマナー違反とならないよう、平服とよばれる最低限お葬式に参列できる服装で行く必要があります。

男性の平服の注意点

スーツはダークグレーなどの地味で目立たない色合いにしましょう。
ストライプなどの柄が入っていないシンプルなものが好ましいとされています。
ネクタイや靴、靴下も黒色で揃えるようにしましょう。

黒色の衣類がない場合は持っている中で一番黒色に近いものにしましょう。

女性の平服の注意点

喪服と同じようにワンピースやスーツなどのデザインで、グレーや紺色など落ち着いた色のものを着るようにしましょう。

靴はパンプスのようなシンプルなものが好ましいです。
ヒールが高いものや明るいデザインのものは避けるようにしましょう。

小物や持ち物についてのマナー

ここまで、服装についてみてきましたが、他にも身に着ける小物や、持ち物のマナーについても紹介します。

カバンに関するマナー

男性はお葬式では一般的にカバンを持たない傾向にあります。
なぜならお葬式で男性が必要なものは、せいぜいハンカチや数珠程度なので、内ポケット等で事足りるからです。

無駄なものはなるべく減らし、シンプルにすることが好ましいです。
どうしてもカバンが必要な場合は布製の黒色無地のクラッチバッグを使用しましょう。

女性は、カバンを持つ場合は、布製の黒色のカバンを使うようにしましょう。
革製だと殺生を連想させるためマナー違反とされています。

数珠に関するマナー

数珠は通夜や告別式の際に使う小物です。
数珠がなくてもマナー違反とはなりませんが、あったほうが礼を尽くせますので、余裕があれば準備しましょう。

数珠の種類は、略式数珠と本式数珠の二つにわけられます。

数珠は本来、宗派によって使えるものと使えないものがあります。
略式数珠は、どの宗派でも使え、本式数珠は決まった宗派でしか使えません。
もし、本式数珠を準備する場合は、自分の宗派が何であるかを確認するようにしましょう。

袱紗に関するマナー

袱紗(ふくさ)とは、お葬式の香典や結婚の祝儀袋などを包むための小物です。
お葬式などの弔事用では寒色のものを、結婚などの慶事用では暖色のものをそれぞれ使います。
しかし、紫の袱紗だけはどちらでも使うことができる為、これから準備する方は紫の袱紗を選ぶといいでしょう。

ハンカチに関するマナー

ハンカチは白色や黒色の無色のものを選びましょう。
シンプルで地味なものがマナーとして適しているので、綿地のものが好ましいです。
フォーマルさを欠いてしまうため、タオル地のハンカチは控えるようにしましょう。

アクセサリーに関するマナー

葬式はシンプルで地味であることが推奨されるため、アクセサリーをたくさんつけることはふさわしくありません。
結婚指輪のみを付けるのが無難です。

しかし、涙を象徴するパールであれば弔事につけても問題ありません。
もしアクセサリーを身に着けたい場合はパールのネックレスやイヤリングを選びましょう。

その他身だしなみのマナーで気を付けたいこと

お葬式で準備しなければいけないものをここまで紹介してきましたが、身だしなみのマナーはそれ以外にもあります。

髪型に関するマナー

基本的にはビジネスの場と同じように清潔感を心がけましょう。
男女で詳しく説明します。

男性の場合

男性の場合は清潔感が大事です。
髪の長さだけでなく、光沢が出やすいワックスやジェルは使わず、落ち着いた仕上がりになる整髪料を選びましょう。

また、髪色についても染めているとお葬式の際にはとても目立つので、暗い色にすることをおすすめします。

女性の場合

お葬式では礼をする機会が何度もあります。
髪が長い方は、頭を上下したときに髪がまとまるようピンなどでしっかり止めるか、ゴムでひとまとめにまとめておくとよいでしょう。

子どもの服装マナー

お葬式には、子どもを連れていくこともあるでしょう。
その際、子どもに着せる服装にもマナーがあるため、事前に確認しておくことが重要です。

ここでは、子どもの年齢にあわせてふさわしいお葬式の服装を紹介します。

園児・小学生の喪服

幼稚園児や小学生の場合、学校の制服がある場合は制服でお葬式に出席するようにしましょう。
制服がない場合は、なるべく黒や濃紺などの服装で揃えることをおすすめします。

七五三で着たようなジャケット・シャツ、暗めのスカートなどであればお葬式のマナーとしてはふさわしいでしょう。
逆にフード付きパーカーや、キャラクターがプリントされたTシャツなどはお葬式の場では不適切なのでなるべく避けたほうがよいです。

また、毛玉がついている場合やシミがあるような場合もよい印象を与えないため、清潔感のある服装にするよう心がけましょう。

中高生の服装

中高生のお葬式での服装の場合、学校指定の制服を着るようにしましょう。
お葬式では、学校指定の制服は礼服として扱われるので、喪服を別に用意する必要はありません。

ただし、シャツやジャケットが汚れている場合やヨレヨレになっている場合はクリーニングに出すことをおすすめします。
また、ネックレスやピアスなどのアクセサリーは外すようにしましょう。

大学生の喪服

大学生がお葬式に参加する場合、基本的には大人と同じような喪服を用意する必要があります。
ただし、大学生であれば入学式で使ったスーツやリクルートスーツでもよいとされています。

リクルートスーツは略喪服として扱われるので、お葬式のマナーとしては問題ありません。
とはいえ、喪服のほうが正式な礼服として扱われるため、なるべく喪服を用意するようにしましょう。

ネイルに関するマナー

普段ネイルアートやつけ爪をしている方は、そのままお葬式に参加してしまうとマナー違反となります。
どうしても時間がなくて落とせない場合にはベージュ系のカラーマニキュアで隠すという方法を使いましょう。

メイクに関するマナー

お通夜や葬式の場では、ナチュラルメイクがふさわしいです。
派手な色は使わずにシンプルなメイクを心がけましょう。
シンプルとはいえ、ノーメイクは逆に失礼になってしまうので注意が必要です。

お葬式のマナーはできるだけシンプルにすること

本記事では、お葬式での身だしなみマナーについて紹介しました。
すべてに共通しているのは、なるべくシンプルに、派手にならないようにするということです。
お葬式にふさわしい身だしなみを心がけるようにしましょう。

葬儀に関するお悩みは当サイトのおすすめの葬儀会社をご覧ください。