逝去と死去の違いとは?それぞれの正しい意味と適切な使い方

会話の中や報道などで人の死を表現するとき「逝去」や「死去」という言葉を使用する場合があります。
なんとなく似たような表現に感じられるかもしれませんが、それぞれ適切な使い方に違いがあります。

本記事では逝去と死去、それぞれの使い方や意味の違いを具体的に解説していきます。

人の死を誰かに伝える場面はみなさんにも十分起こりうる可能性があるため、そういったときのためにもぜひ参考にしてください。

逝去とは

逝去とは人の死を表す尊敬語で、身内の方以外が亡くなったときに故人に敬意を込めて表現する際に使用します。
ニュースやネット記事などで、著名人の訃報を知らせる内容で見かけることが多いです。

具体的な例文を以下にまとめました。

「逝去」を使用した例文

  • 「○○様が△月△日、逝去されました」
  • 「ご逝去の報に接し、心からご冥福をお祈りいたします」
  • 「○○様のご逝去を悼み謹んでお悔やみを申し上げます」

「逝去」という言葉自体が尊敬語ですが、「逝去した」ではなく、「逝去された」または「ご逝去された」というような使い方が一般的です。
そして尊敬語ではありますが、故人が自分より年下の場合でも一般的には「逝去」を用います。

また、逝去と似ている「急逝」という言葉を聞いたことはないでしょうか。

急逝とは、前兆がなく急に相手が亡くなったことを表す言葉です。
ただ、急逝は逝去と違い尊敬語ではないため、目上かどうかなどの立場と関係なく使えます。

「急逝」を使用した例文

  • 「ご急逝を悼み深くお悔やみ申し上げます」
  • 「不慮の事故により、〇月〇日急逝いたしました」

死去とは

死去とは、意味自体は逝去と同様に、人の死を表す言葉です。
逝去と違い、尊敬語の意味が含まれていません。
親族など身内が亡くなったことを外部に伝える場合に使用します。

たとえば、取引先に訃報を伝える際は、自分自身は故人の身内という立場になるため「死去」を使います。
このとき、自分の上司なのか家族なのかなど、故人とご自身の関係で使い方が変わることはありません。

具体的な例文を紹介します。

「死去」を使用した例文

  • 「今朝がた、父が死去いたしました」
  • 「弊社常務取締役が死去いたしましたので報告します」

また、死去と同様の意味で使える言葉は他にも多数あります。

死去と同様の意味をもつ言葉の例

  • 「天に召されました」
  • 「他界いたしました」
  • 「永眠いたしました」
  • 「他界いたしました
  • 「息を引き取りました」

その場の状況や雰囲気、相手などにあわせて使い分けたい場合や、同じ表現を多用することでくどい印象を与えることを避けたい場合に便利です。

逝去・死去の連絡をする際の手順

親しい方の死去を伝える際は、連絡の順番が大切です。
以下に基本的な流れをまとめました。

逝去・死去の連絡の流れ

  1. 故人の家族や近親者に連絡する
  2. 葬儀会社に連絡をする
  3. 葬儀会社と打ち合わせを行う
  4. 葬儀に呼びたい人に訃報を伝える

まずは、故人にもっとも近い存在ともいえる、家族や近親者への連絡が最優先です。
葬儀会社への連絡はその後に行いましょう。

葬儀会社に連絡をしてご遺体の移動を行ったあとは、実際の葬儀についての打ち合わせが始まります。
このとき、葬儀にはどれぐらいの人数を呼ぶのか・誰を呼びたいのかを決めます。
友人や職場など、近親者以外への連絡は、誰を呼ぶのかが決まってから行ったほうが混乱を招くことも少ないためスムーズに進められます。

逝去・死去の連絡を受けた際の注意点

お知り合いが亡くなられたという連絡を自分が受ける場合もあります。
その際は、ご遺族の方の心を傷つけないようにいくつかの点に注意して対応しましょう。
以下でそれぞれの注意点について簡単に紹介します。

注意点①言葉選びに気を付ける

まずは、丁寧な言葉遣いや適切な言葉選びを心がけ、相手や故人を尊重するということが大切です。

たとえば「亡くなった」という言い回しよりも「ご逝去された」と表すほうが、より丁寧な気持ちが伝わります。
本記事でも紹介した内容を参考に、丁寧な言葉で相手にお悔やみの気持ちを伝えましょう。

注意点②相手の気持ちを考慮したうえで弔問に行っても問題ないかを確認する

故人と生前親しい間柄だったとしても、急な弔問は遺族の迷惑となってしまう可能性もあります。
葬儀の準備などで心を落ち着かせる間もないほど忙しいということも考えられるため、弔問に伺いたい場合は必ず確認をとりましょう。
「ご迷惑でなければ」などのように、相手の気持ちを尊重する言葉があるとより親切です。

死去と逝去の大きな違いは尊敬語かどうか

今回は、逝去と死去の違いを具体的な使い方とともに解説してきました。

微妙なニュアンスの違いで少々ややこしいですが、正しく違いを理解しておかないと、故人の身内に対して失礼な印象を与えてしまうことも考えられます。

もしみなさんが身内の方の死を伝える立場になったときも、故人・関係者全員に対して敬意を示せるようにきちんと理解しておきましょう。

葬儀探しでお困りなら、当サイトで一番おすすめの葬儀社をご覧ください。