無宗教葬儀とは?おおまかな流れとメリット・デメリット

現在の日本では仏式による葬儀が主流ですが、現在では宗教観が薄れており宗派にとらわれずに自由に葬儀を行う「無宗教葬儀」を選ぶ人が増えてきています。

無宗教葬儀は比較的新しいため、聞きなれないという方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、無宗教葬儀とはなにか、大まかな流れとメリット・デメリットを紹介していきます。

無宗教葬儀とは?

 無宗教葬儀とは、宗派によって決められている形式にとらわれず自由に葬儀を行う方法です。

「自由葬」とも呼ばれ、僧侶による読経や戒名のお布施が必要ないことが特徴です。

 

生前故人が好きだったことを葬儀の中に含める場合や、音楽などでお見送りをする場合もあります。

菩提寺がないケースや、一族とは別のお墓に入りたいという希望がある場合には、無宗教葬儀はおすすめです。 

無宗教葬儀の大まかな流れ

 無宗教葬儀は基本的に開催者の自由に形式を決められるため、式事の内容やかかる時間も変わってきます。

ただ、「黙祷」や「故人との思い出」、「弔電紹介」、「献花」といった式事は多くの無宗教葬儀で取り入れられています。

 

また、お通夜を行う必要がなく、一般的に1日で葬儀が完了する形式が多いです。

 以下に、無宗教葬儀の一例として、大まかな流れをまとめました。

  1. 参列者の入場
  2. 開式の挨拶
  3. 黙祷
  4. 献奏・故人との思い出上映
  5. 弔電の紹介
  6. 参列者への挨拶・感謝の言葉
  7. 献花
  8. お別れ
  9. 閉式の挨拶
  10. 出棺
  11. 会食

無宗教葬儀のメリット

 無宗教葬儀では、宗派のしきたりや形式にとらわれることなく自由な葬儀ができます。

ここからは、無宗教葬儀の2つの大きなメリットを紹介していきます。

メリット①故人や遺族の希望を納得のいく形で反映できる

 無宗教葬儀の最大のメリットは、故人や遺族の希望を尊重して納得いく形での葬儀ができることです。

宗派による形式にとらわれないため、日程や式事の内容も調整しやすく費用を抑えるような内容にすることも可能です。

 

例えば、生前故人が音楽好きだった場合であれば、献奏で故人が好きだった音楽を流すといった事例もあります。

故人や遺族の希望を最優先に考えられるため、葬儀の形式に強い希望がある方にはおすすめです。

メリット②僧侶を呼んでの読経やお布施が不要

 無宗教葬儀は、僧侶や宗教者を呼んでの読経や祈りが不要なため、手間やコストを抑えられるというメリットがあります。

 

一般的な物式の葬儀の場合、菩提寺と呼ばれる一族が代々お世話になっている寺院から僧侶を呼んで読経してもらう必要があります。

戒名や納骨などにかかるお布施も支払わなくてはいけないため、経済的に負担になるといったケースも多々あります。

また、僧侶の都合が合わなければ日程の調整にも苦労することも考えられます。

 

その点、無宗教葬儀であれば僧侶を呼ぶ必要がなく、日程調整もしやすいという特徴があります。

無宗教葬儀のデメリット

 自由な形式でできる無宗教葬儀ですが、デメリットもあります。

以下に、無宗教葬儀を行うことでの2つのデメリットをまとめました。

デメリット①菩提寺がある場合はトラブルに発展するリスクがある

 故人にもともと決まっている菩提寺がある場合、大きなトラブルに発展する可能性があります。

菩提寺とのトラブルは故人の周囲だけでの問題ではなく、親族にまで影響を与える場合が考えられます。

 

特に菩提寺にお墓を持っており先祖もすべて菩提寺のお墓に納骨している場合、故人やその後に亡くなった人もお墓に納骨できなくなってしまうかもしれません。

そのため、無宗教葬儀を選ぶ場合は生前から親族や菩提寺に相談をして、納得してもらうといった準備をしておく必要があります。

 

なお、菩提寺に納骨できない場合は民間や公営の霊園に依頼するか、納骨堂に納めるといった方法があります。

デメリット②馴染みのない人にとっては不満を覚える可能性もある

 無宗教葬儀は比較的新しい方法でもあるため、参列者の中には馴染みがなく戸惑ってしまうこともあるでしょう。

一般的な葬儀のマナーや慣習とは異なる点があるため、服装や香典などでトラブルが起きてしまう可能性があります。

 

また、葬儀の内容について人によっては故人とのお別れを厳かにできなかったと、不満が残ってしまうことも考えられます。

無宗教葬儀を行う前には、あらかじめ内容や服装指定などをしっかりと告知して参列者の理解を得るようにしましょう。

無宗教葬儀は宗派にとらわれず自由な形式で行える葬儀

 いかがでしたでしょうか?

無宗教葬儀は、宗派やしきたりにとらわれずに故人や遺族の希望を反映させられる葬儀です。

僧侶や宗教者を呼ぶ必要もないので、コストを抑えつつ日程も調整しやすいといったメリットがあります。

 

ただし、無宗教葬儀は比較的新しくもあるため、馴染みがない人も多くいます。

また、菩提寺がある場合は親族も巻き込んだトラブルにも発展する可能性があるので注意が必要です。

 

葬儀の作法や葬儀場探しでお悩みの場合は、当サイトおすすめの葬儀社をご覧ください。