葬儀で飾られる「花輪」とは?種類や相場を理解しよう

葬儀を経験したことがある人ならば、入口のところにスタンド式の花がいくつも置いてある光景を目にしたことがあるでしょう。
あれらの花は「花輪」あるいは「花環」とよばれるものですが、一体どのような意味合いがあるのでしょうか?

今回は、花輪について種類や平均相場などもあわせて深く掘り下げていきます。

自分が花輪を贈る立場になったときに、初めてだと何もわからず困ってしまうことも多いでしょう。
事前に知識をつけて万が一のときにも備えておきたいとお考えの方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

葬儀の場で飾る花輪とは?

花輪とは、花で作られたおおよそ1~3メートルほどのリング状の装飾のことです。
生花を使用することもあれば造花を使用することもありますが、造花を使ったもののほうが比較的多い傾向があります。

葬儀の場においては、悲しみや故人への弔いの気持ちを示す目的で飾られます。
基本的には白い花を中心に使用されており、地域や宗派によっては青や黄などの鮮やかな色の花を使う場合もあるようです。

贈り主は、基本的に故人や喪主と縁の深い団体や勤務先の会社の人などが該当します。
また、遠方にいて、葬儀に出席できない人が送る場合もあります。

また、葬儀における花輪は「供花」と呼ばれるものの中の一つです。
供花とは、葬儀の場で供える花のことをさします。

供花の種類

上記でも少し紹介しましたが、花輪は供花の一部です。
ここでは、花輪を含む供花の種類をそれぞれ紹介します。

供花の種類

  • 花輪
  • 枕花(まくらばな)
  • 供花(きょうか)

花輪

花輪は円状のお花の飾りで、基本的に、会場の外や入り口付近に飾られるものです。
主に、故人に近しい親族または会社や団体が手配する傾向にあります。
最近は、一部の地域を除いて用いられることが少なくなっている傾向にあります。

また、花輪と近い役割をもつ「供花スタンド」を使う場合もあります。
花輪は式場の外に飾るのに対し、供花スタンドは入り口もしくは祭壇の左右に飾ります。

枕花

枕花は、主に臨終から通夜にかけて、故人の枕元に置くための花です。
親戚や友人など故人と特に近しい間柄だった人が、訃報を受けてすぐに贈る場合が多いです。
そのため、通夜の前から飾ることがあります。

供花

供花は、祭壇の脇や式場にお供えするお花で、故人への弔意を表します。
遺族や親戚、また故人の友人や会社関係者など誰でも出すことができます。

一般的には、菊やユリなど白を基調とした生花を使用しますが、宗派や地域によっては、樒(しきみ・しきび)と呼ばれる植物を同様の目的で飾ることもあります。

花輪の値段はいくらぐらいか

つづいて、各種類の相場についてご紹介します。
初めての方にはなじみがないかと思うので、以下の価格を参考にしてみてください。

花輪の料金の相場

  • 花輪:15,000円~20,000円
  • 枕花:5,000~20,000円
  • 供花:7,500円~15,000円
  • 供花スタンド:15,000円~25,000円

花輪を贈る人は自分以外にもいるはずなので、極端に相場以上や相場以下のものを選んでしまうと1つひとつに優劣がついてしまい、あまりよろしくありません。

そのため適正価格はしっかり守るようにしましょう。
万が一どうしても心配なのであれば、葬儀社に相談してみてもよいでしょう。

花輪を贈る適切なタイミングはいつ?

葬儀の会場に花輪を贈ることをお考えの場合は、通夜の前日までに届けられるようにしましょう。

理由は2つあります。
まず、そもそも花輪は通夜から葬儀の終わりまでのあいだに飾っておくものという考えが一般的であるためです。
そして比較的大きな飾りである都合上、設置の準備にも時間がかかるため、通夜の当日ではなく前日までに会場に届くようにしておくことが望ましいです。

花輪の注文方法

葬儀で使う花輪は、基本的にはレンタル業者か花屋に連絡をして手配することになります。
ここからは、注文する際の手順を簡単に紹介します。

手順①花輪を送っても問題ないか遺族に確認する

まずは、葬儀会場に花輪を送っても問題ないかどうかを遺族に確認しましょう。
場合によっては、遺族のほうから花輪の受け取りを辞退されることも考えられます。

花輪を辞退する理由は、宗派に関連する内容や心理的なものなど人によってさまざまです。
葬儀の際は遺族の意思を尊重することが大切ですので、万が一花輪の受け取りを辞退された場合は理由の詮索をせずに花輪の手配は遠慮しましょう。

手順②葬儀場に確認する

遺族からも承諾を得られたら、次は葬儀場に確認をとります。
葬儀場の規定によっては、花輪の持ち込みが禁止されているということもあり得ます。
ほかにも、持ち込み料を別途支払う必要のある葬儀場もあるため、ここでも確認が必要です。

また、葬儀場から花屋や花輪の手配業者を指定されるという場合もあります。

手順③業者に花輪を注文する

遺族と葬儀場に確認がとれたら、業者に連絡をとって花輪を注文しましょう。
葬儀場から業者を指定されている場合は、指示に従って手配を進めます。

葬儀場への花輪の手配はマナーを守って故人や遺族を尊重しましょう

いかがでしたか?
今回は、花輪の意味やその種類、平均相場について解説してきました。

花輪は故人や遺族に対しての想いを伝えるために贈るという役割がありますが、贈る際は遺族と葬儀場に確認をとってから手配しましょう。

葬儀のような弔事は頻繁にあるものではないため、マナーについてご不安に感じられている点が多い方もいらっしゃるのではないでしょうか。
もし困ったことがあれば、葬儀社に相談して進めましょう。

葬儀会社探しでお困りなら、当サイトでおすすめの葬儀会社をご覧ください。