これで迷わない!葬儀で贈る供花の基本情報と手配の方法

葬儀で故人を見送るために供えられる花として供花と呼ばれるものがあります。
実際に葬儀に参加して目にすることや、メディアに時々映ることがあるため、供花がどんなものかイメージのつく方は多いかと思います。

しかし、葬儀用の供花の種類や値段、手配の方法など、詳しく理解している方は少ないのではないでしょうか。

これから葬儀への参加や供花の手配を検討されている方は、本記事をご一読ください。

供花の意味や基本的な情報は?

供花の読み方は、お通夜やお葬式といった葬儀の際に故人に供えるための花です。

供花には2つの意味があり、一つは故人のご冥福を祈るという役割ともう一つは祭壇や会場を華やかに飾るという役割です。

この花には贈り主の名前を、立て札と呼ばれる名札に記載し、祭壇の両側に飾るようにします。また送り主と故人との関係の近さによって、祭壇の内側から外側に置かれるようになります。
そのため贈り主の名前と関係性は大事なポイントになります。

供花は誰が贈る?

供花は故人の近親者や関係性の近い人が主に贈ります。
故人や遺族との関係の深さによって、立て札の記載方法が異なります。
また、故人との関係性の深い順番に祭壇を中心に外側に向けて飾られます。

ここからは、供花を贈る人ごとに必要となる、立て札の書き方の具体例を紹介します。

親族が贈る場合

故人の親族が供花を贈る場合には、「兄弟一同」や「親族一同」のように、親族と故人の関係性によって表記を書き分けます。

友人が贈る場合

故人の友人が複数人で供花の贈り主となる場合、「友人一同」と立て札に表記します。
他にも贈る人の個人名を連名で記載する場合や、特に親しければ個人名で贈ることもあります。

故人の仕事関係者

仕事関係の人が供花を贈る場合は「会社名」「会社名と代表者名or連名」のように故人の所属していた会社などを記載します。

喪主・遺族の仕事関係者

故人の関係者だけでなく、喪主や遺族の仕事関係者が供花を贈ることもあります。
その場合は「会社名」「会社+代表者」のように記載します。

供花の単位について

供花を数えるときの単位は一対(いっつい)、「一基(いっき)」と呼びます。
花をまとめた一束を一基、一基が二つ揃ったものを一対といいます。

供花を贈る場合は、一基のものと一対のものどちらでも贈ることが可能で、どちらがよりふさわしいか明確な決まりはありません。
ただし傾向として、親しい親族などの場合は一対を、仕事関係者や友人の場合は一基を選びがちです。

供花を選ぶポイント

供花は、いろいろな種類があり、どれを選ぶか判断に迷われる方もいます。
以下で、供花を選ぶうえでおさえておきたいポイントをまとめました。

ポイント①葬儀の宗教形式

各葬儀は宗教によって手順や作法、マナーが異なります。
供花は宗教によって花の種類が違うので、間違いのないようにしましょう。

仏式・神式の場合

仏式や神式の場合は、供花は葬儀場に贈ります。

仏式や神式の葬儀の場合は、菊や蘭、百合などの色味の白い花を贈ります。
3種類の花以外にも、他の花もアレンジで加えることが可能ですが、白をメインに落ち着いた色味でまとめる場合が一般的です。

リボンなどを付ける際にも、白や黒などの派手にならない色を選びましょう。

キリスト教式の場合

キリスト教式の場合は百合やカーネーションといった花を供花として使います。
仏式や神式に比べて華やかな印象の傾向が強いです。

また、仏式や神式の場合は葬儀場に直接供花を贈ることに対し、キリスト教式では一般的にご遺族の家に贈ります。
葬儀場とは違い葬儀が行われる教会では直接、供花の受け取りは行わないことが多いので注意しましょう。

家に届いた供花は、葬儀場まで運ぶことになるので、贈る際には運びやすいかごに入れられたタイプをおすすめします。

ポイント②供花の入れ物の種類

供花は花の種類だけでなく、花が入っているかごやスタンドといったスタイルと呼ばれる入れ物にもいくつか種類があります。

葬儀や地域によって、どのスタイルがふさわしいかは異なるので、事前に葬儀社に確認することをおすすめします。

スタイル①かご花

かご花は、かごの中に花を飾ったものをいいます。
かご花の特徴は、サイズがコンパクトなので、部屋に飾りやすく、邪魔になりにくいことです。
最近ではアレンジメントフラワーと呼ばれることが主流になりつつあります。

スタイル②スタンドフラワー

スタンドフラワーは花台に花を飾ったものです。
スタンドフラワータイプの供花は、左右対称に一対として飾ることもあれば一基のみ贈ることもあります。

供花の相場はどれくらいか?

供花を贈る際に、金額についても悩まれる方がいるでしょう。
あまりにもリーズナブルなものでは故人に対して失礼にあたる一方、お金をかけすぎても周りから浮いてしまいます。

相場は大体7,000円~30,000円までと幅広くありますが、この間であれば失礼には当たりません。
15,000円程度が平均的な金額です。
故人や遺族との関係性の強さや予算によって種類を決めましょう。

また、供花の相場は一基単位での金額であるため、一対で手配する場合は二倍の金額がかかってしまうので注意しましょう。

供花はどこに依頼する?

供花を実際に手配しようと考えたとき、依頼先には3つの選択肢があります。
それぞれの特徴について紹介します。

方法①葬儀社に依頼

葬儀で必要となる供花を贈るのであれば、一般的かつ手間がかかりにくい方法は、葬儀を進める葬儀社への依頼です。

葬儀の宗教形式によって花の種類が変わることや、葬儀場の広さによって大きさに指定があるなど、葬儀ごとに条件や制限のある場合があります。

葬儀社であればそうした条件を加味して花を贈れるので、供花を初めて贈る場合でも、問題が起こりにくく、安心して依頼できます。

ただし、葬儀社で花を手配するデメリットとしては、花の種類が多くはないため、そこで依頼した人はどれも同じような見た目になってしまうことです。

方法②花屋に依頼

一般的な花屋にも手配依頼ができます。

花屋のメリットは、豊富な種類の中から花を選べることです。
葬儀社やインターネットでは、あらかじめプランが決められているため、花の種類はあまり多くありません。
一方、花屋はバリエーションが豊富なので、生前故人が好きだった花を用意することや、花にあなたの気持ちを乗せて贈ることができます。

花屋で依頼する場合、葬儀社にあらかじめ贈れる供花の条件を聞いたうえで手配をします。
そのため、手間がかかりやすいことが花屋で依頼する場合のデメリットです。

また、葬儀によっては外部からの花の持ち込みがそもそもできない可能性もあるため、確認はしっかりとりましょう。

方法③インターネットで依頼

最近はインターネットによる供花の手配ができるようになりました。

インターネットで依頼する場合のメリットは、手間を少なくできることです。
依頼サイトから予算や依頼主情報、贈り先等、決められた項目を入力するだけで、手配ができます。

また、弔電と呼ばれる葬儀の際に使われる電報を、一緒に供花を贈ってくれるサービスも、インターネット依頼の普及ともに出てきました。
時間がない中、少しでも弔いの気持ちを伝えたい場合などに重宝されています。

インターネットで依頼する場合のデメリットは、花屋の場合と同様、外部の花の持ち込みができないこともあるという点です。

供花を贈るうえで注意しておきたいポイント

供花を贈る手配をする際には、仏式・神式やキリスト教式のマナー以外にもさまざまな点に注意する必要があります。
以下に供花を贈る手配をするうえで、注意しておきたい3つのポイントをまとめました。

注意点①遺族が供花を辞退している際は贈らないようにする

一般的な葬儀には供花はつきものですが、遺族が供花や香典を辞退するケースがあります。
理由としては、故人や遺族の意向で参列者に負担をかけたくない場合や、葬儀を簡略化する場合などさまざまな理由があります。

主に近しい身内だけで行う家族葬の場合でよく行われ、基本的に遺族が供花の辞退を示している場合は供花を贈らないことがマナーです。
どうしても弔意として供花を贈りたい場合は、遺族に確認してから贈るようにしましょう。

注意点②複数人で贈る場合は取りまとめる人を決める

供花を贈るときに、「友人一同」という名義や「会社名」として複数人で贈るケースが多くあります。
そのため、供花を手配していた人がほかにもいて、注文が重複してしまったというトラブルが考えられます。

複数人で供花を贈る場合は、周囲の人に連絡して取りまとめる人を決めるようにしましょう。
注文が重複してしまうと、料金の支払先などが不明瞭になってしまうので、注意が必要です。

注意点③葬儀の2日前を目安に注文をする

供花を手配したとしても、葬儀に間に合わなくては意味がありません。
そのため、供花の手配をする場合は葬儀の2日前を目安に注文するようにしましょう。

基本的には、お通夜の前から遅くとも開式の数時間前には供花が届いていることが理想のため、あまりに遅くなるようであれば依頼先に連絡して確認することをおすすめします。
また、お通夜の前といっても早くに供花が届いてしまっては「事前に準備をしていたのではないか」とよくない印象を与えてしまいます。

適切なタイミングを見計らって、供花を贈るようにしましょう。

葬儀用の供花を贈る場合には事前に確認することが重要

今回の記事では葬儀の贈り物である供花について、概要や種類、手配の仕方などを紹介しました。
供花は、葬儀の教会形式によって花の種類が決まっています。
また担当する葬儀社によって贈れるものとそうでないものがあります。
そのため供花を贈る際には必ず確認を取るようにしましょう。

葬儀のお困りごとは、当サイトのおすすめの葬儀社にご連絡ください。