葬儀の挨拶はどのようにすればいい?タイミングや上手な例文

葬儀の喪主となった場合、葬儀の中で失礼のないような挨拶を行わなくてはいけません。

しかし、初めて喪主となる方にとってはどのような挨拶をすればいいのか分かりませんよね。

 

そこで今回は、葬儀の挨拶はどのように行えばいいのか、タイミングや上手な例文などを紹介していきます。

葬儀で喪主が行う挨拶とは?

 葬儀での喪主の挨拶には、故人の葬儀のために集まってくれた参列者に感謝のお礼を言うという目的があります。

生前故人と親しくしていただいた感謝や、故人のために遠方から足を運んでくれたことに対してお礼の意味も込めて挨拶を行います。

また、葬儀中でもお通夜や告別式、精進落としなどで挨拶を行うタイミングが変わってきます。

葬儀中に挨拶を行うタイミング

葬儀中に挨拶を行うタイミングは、お通夜・告別式・精進落としと大きく分けて3回あります。

以下に、それぞれのタイミングをまとめました。

 

お通夜での挨拶のタイミング お通夜の終了時、または通夜振る舞いの前
告別式での挨拶のタイミング 故人が出棺する前、または閉会の辞の前
精進落としでの挨拶のタイミング 精進落としの開始前と終了時の締めの時

 

お通夜での挨拶は、僧侶による読経や焼香など一通りの式事を終えた後に行います。

通夜振る舞いがある場合は、移動する前に挨拶をすることもあります。

 

告別式での挨拶は、一般的に故人が出棺される前のタイミングで行われます。

場合によっては省略されたり、閉会の辞の前に行う場合もあります。

 

精進落としでの挨拶は、主に食事の開始前と終了後の締めに2回行われます。

葬儀での上手な挨拶の例

 葬儀での挨拶は、主に喪主が考えなければいけませんが、すべてを考える必要はなくテンプレートを使う場合もあります。

参列者への感謝を中心に、故人との思い出話などを交えて簡単な挨拶文を作りましょう。

 

ただし、喪主の挨拶の中にはNGワードがあり、「消える」や「死ぬ」といった忌み言葉は避けるようにしましょう。

また、「重ね重ね」や「再三」といった、同じ言葉を重ねる語句や繰り返しを意味する言葉も使わないことが一般的です。

お通夜での挨拶の例

 お通夜での挨拶は、参列者への感謝と告別式への案内を含んで簡潔にまとめます。

以下に、例文を記載しています。

 

【お通夜での挨拶の例文】

本日はお忙しい中、お通夜の焼香を賜りまして、誠にありがとうございました。

皆様方にお集まりいただき、○○も喜んでいることでしょう。

 

ここに生前、〇〇と親しくしていただいたご厚情に対し、厚くお礼申し上げます。

なお、明日の葬儀・告別式は○○時より、○○斎場にて執り行わせていただく予定でございます。

何卒、よろしくお願い申し上げます。

 

また、ささやかではございますが、別室に簡単なお食事をご用意しております。

故人を偲びつつ、どうぞお召し上がりください。

告別式での挨拶の例

 告別式での挨拶は、参列者へのお礼と生前故人がお世話になった感謝を含む内容になります。

故人との印象深いエピソードなどを交えつつ、簡潔にまとめるようにしましょう。

以下に、例文を記載しています。

 

【告別式での挨拶の例文】

本日は、お忙しいところ○○の葬儀に、ご会葬・ご焼香を賜り誠にありがとうございました。

皆様からのご挨拶を賜り、お見送りいただきまして、○○もさぞかし喜んでいると存じます。

生前、故人に寄せられた皆様からのご厚誼に対し、心より御礼申し上げます。

 

生前○○とは~(故人との簡単なエピソード)

 

なお、残されました私どもは未熟ではありますが、今後とも亡き○○の生前と同様にご指導をいただけますことを、お願い申し上げます。

本日は、誠にありがとうございました。

精進落としでの挨拶の例

 精進落としでの挨拶は、葬儀が滞りなく済んだことの報告として食事前と締めに2回行います。

以下に、それぞれの例文を記載しています。

 

【精進落とし開始の挨拶の例文】

皆様、本日は誠にありがとうございました。

おかげをもちまして、故○○の葬儀・告別式を無事に終えることができました。

 

誠にささやかではございますが、皆さまへの感謝と慰労を兼ねましてお食事の席をご用意いたしました。

故人の思い出をお聞かせいただきながら、ゆっくりとお過ごしいただきたいと存じます。

 

本日は、ありがとうございました。

 

【精進落とし締めの挨拶の例文】

本日は、皆様お忙しい中最後までお付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。皆様一人ひとりの心のこもったお見送りをいただき、故人もさぞかし喜んでいることと思います。

故人の思い出をもっとお聞きしたいところですが、お疲れかと思いますので、このあたりで終了とさせていただきたいと思います。

本日はありがとうございました。

葬儀の挨拶はお通夜・告別式・精進落としのタイミングで行う

 いかがでしたでしょうか?

葬儀での喪主の挨拶は、主にお通夜・告別式・精進落としのタイミングでそれぞれ行います。

 

内容は参列者への感謝を中心に、故人との思い出話を交えつつ簡潔にまとめるようにしましょう。

ただし、葬儀での挨拶で使ってはいけないNGワードもあるため、注意が必要です。

 

葬儀の作法や葬儀場探しでお悩みの場合は、当サイトおすすめの葬儀社をご覧ください。