「香典」の年齢別相場や封筒の書き方をまとめてご紹介

生前にお付き合いのあった方が亡くなったとの連絡を受けると、よほどの理由がない限り葬儀や法事に参列することになります。

最近は、葬儀を執り行う側が香典を辞退するケースも増えていますが、それでもあらかじめ案内状などでアナウンスがない場合は香典を持参するのが一般的です。

しかし香典にはいくつかルールがあり、それを知らずに持参してしまうと相手に嫌な印象を与えてしまうかもしれません。

そういったトラブルを避けるために、今回は香典の相場から封筒の書き方、お札の入れ方まで全部まとめて解説します。

 香典 相場

香典は、故人との間柄や年齢、地域などさまざまな条件によって金額が異なるので、明確に「いくら」という答えはありません。

とはいえ、具体的な目安は知っておきたいところですよね。

そこで、いざという時に困ってしまわないように、故人との間柄と年代に合った大体の金額相場をご紹介します。

葬儀に参列する場合

故人のお通夜・告別式に参列する際に持参する香典の費用は以下の通りです。

20代

【両親】30,000~50,000円

【祖父母】10,000円

【兄弟姉妹】30,000~50,000円

【叔父/叔母】10,000円

【その他親類】5,000円~10,000円

【知人・友人】3,000~5,000円

【職場の人】3,000~5,000円

【職場の人の家族】3,000~5,000円

30代

【両親】30,000~100,000円

【祖父母】10,000~30,000円

【兄弟姉妹】30,000~50,000円

【叔父/叔母】10,000~30,000円

【その他親類】5,000円~10,000円

【知人・友人】3,000~10,000円

【職場の人】5,000~10,000円

【職場の人の家族】3,000~5,000円

40代

【両親】50,000~100,000円

【祖父母】30,000~50,000円

【兄弟姉妹】50,000円

【叔父/叔母】10,000~50,000円

【その他親類】5,000円~10,000円

【知人・友人】10,000円

【職場の人】10,000円

【職場の人の家族】5,000~10,000円

50代

【両親】100,000円

【祖父母】30,000~50,000円

【兄弟姉妹】50,000円

【叔父/叔母】30,000~50,000円

【その他親類】5,000円~10,000円

【知人・友人】5,000~10,000円

【職場の人】10,000円

【職場の人の家族】5,000~10,000円

60代

【両親】100,000円

【祖父母】30,000~50,000円

【兄弟姉妹】50,000円

【叔父/叔母】30,000~50,000円

【その他親類】5,000円~10,000円

【知人・友人】5,000~10,000円

【職場の人】10,000円

【職場の人の家族】5,000~10,000円

 

どの年代であっても、故人との間柄が会社関係や取引先関係である場合は「一同」という形で連名や社名で香典を出すことがあります。

また、個別で渡す場合も周りと金額を合わせるのが常識なので、参列する前に上司や同僚に確認するようにしましょう。

また、上記は香典の目安となっていますが、親族や友人などが亡くなった場合はそれまでの付き合いの深さによって金額に幅が出るものです。

一般的には親密な関係であるほど金額が高くなる傾向がありますが、本質は「故人を想って葬儀に参列する」というところにあるので、金銭的に余裕がない時などに無理をして高額を包む必要はありません。

法事・法要に参列する場合

故人の四十九日や一周忌などに参列する際に持参する香典の費用は以下の通りです。

 

【親族】10,000~20,000円

【親しい間柄の友人】10,000~30,000円

【知人】5,000~10,000円

 

お通夜やお葬式とは異なり、法事や法要は故人との関係が近い親族やよほど親交の深かった人たちだけが集まって執り行われるのが一般的です。

四十九日、一周忌、三周忌など決められた節目ごとに法事がありますが、参加する度に香典が必要になります。

また、法事や法要後の会食の有無によっても金額が異なります。

一般的に、知人程度の関係であれば会食に参加することはほとんどありませんが、親族や親しい友人として会食に参加する場合は、上記の金額に1~2万円上乗せして香典を用意しましょう。

香典のNGポイント

香典の金額には幅がありますが、その間であればいくらでもいいというわけではありません。

一般的に「4」は死を、「9」は苦しみを連想させる数字であるため、40,000円や90,000円などの金額は避けるべきとされています。

また、割り切れる数字である偶数も「故人との関係を切る」と解釈できるためNGです。

香典を用意する際は、それらに注意して金額を決めましょう

 香典 書き方

一般的な香典袋は、水引の付いた「外袋」と、お金を入れる「中袋」に分かれています。

それぞれ書き方や書く内容が異なるので、いざという時に間違えないように、ここで確認しておきましょう。

外袋の書き方

外袋には「表書き」と「名前」を書きます。

表書きは香典袋の上段に書く名目のことで、以下の通り、宗派によって異なります。

 

【仏式】基本的には「御霊前」と書きますが、浄土真宗の場合は「御仏前」となります。

【神式】「御玉串料」が一般的ですが、香典が少し高額になる場合は「御榊量」とすることもあります。

【キリスト教式】もともと献花として生花を用意するのが慣習でしたが、最近は生花の代わりに「御花料」として香典を渡すケースが増えています。

 

故人の宗派が分からないことも多いと思いますが、その場合は「御霊前」「御香典」と記載すれば問題ありません。

ただし「御霊前」の名目が使えるのは、葬儀から四十九日までと決められています。

仏教では亡くなってから四十九日までは「霊」、それを過ぎると「成仏して仏となる」とされているため、四十九日を経た法事や法要の際は香典袋の表書きは「御仏前」としましょう。

 

香典袋の下段には、香典を渡す側の名前を書きます。

個人であれば自分の名前を書きますが、名字だけでは他の人と区別がつかなくなってしまうので、フルネームで書くのが基本です。

また、香典は連名で出すことも可能です。

夫婦の場合は夫のフルネームの左側に妻の名前のみを記載し、友人同士であれば右から五十音順にフルネームで書きましょう。

同僚の場合は、一番右に会社名を書いてから左に向かって順に上司から名前を書きます。

マナーとして連名は3人までとされているため、それ以上になる場合は「一同」などでまとめるといいでしょう。

 

表書きを書く際は、「涙が落ちて墨が薄くなってしまった」という悲しみの気持ちを込めて「薄墨」を使って書くのが基本です。

ただし表書きに薄墨を使うのはお通夜と告別式のみで、その後の初七日や四十九日など、あらかじめ日程が決められている法要には濃墨を使います。

難しく感じる方は、急な場面には薄墨、日時を知らされている場合は濃墨と覚えておきましょう。

中袋の書き方

中袋は、表側の真ん中あたりに「香典の金額」、裏側の左下に「住所」と「名前」を書きます。

金額を書く際は頭に「金」、最後に「也」と付け、数字ではなく旧漢数字で書くのがマナーです。

5,000円は「金伍仟圓也」、10,000円は「金壱万圓也」、100,000円は「拾萬圓也」となります。

裏側に住所を書く際にも漢数字を用いるのが基本ですが、その際は旧漢数字ではなく常用漢数字を使い、ゼロは「0」と表記しましょう。

 

表書きは薄墨で書くと前述しましたが、中袋に記載する場合にはサインペンやボールペンを使ってもかまいません。

特に住所は文字数や画数も多くなるため、分かりやすさを重視して筆記具を選びましょう。

 香典 お札 入れ方

香典の中袋にお金を入れる向きにも決まりがあります。

まず、香典を受け取る側になったつもりで想像してみましょう。

一旦中袋を裏返し、蓋になっている部分を持ち上げて中身を確認すると思います。

その時にお札の表面、つまり肖像の人物が描かれている面が自分の方に向いているのが正しい入れ方です。

お札の上下についてですが、これは地域によって慣習が異なります。

葬儀までに周囲の人に確かめることができればいいのですが、難しい場合は肖像画を下にして入れるのが無難です。

 

また、香典に使うお札に関しても重要なルールがあります。

通説として、香典には使用感のない「新札」を用いてはいけないことになっています。

理由は、新札を使うことで故人側に「不幸を予想して準備していた」という印象を与えてしまうためです。

かといってあまりに使い古したお札を使うのも失礼にあたるので、それなりにきれいなお札を用意するか、あるいは手元に新札しかない場合は一度折って折り目を付ければ問題ありません。

近年はそういった慣習も徐々に薄れている傾向はありますが、親族の中にはマナーを重んじる人が必ずいるため、やはり知識として知っておくべきでしょう。

最低限のマナーを念頭において香典を用意しましょう

いかがでしたでしょうか。

この記事を読んでいただくことで、香典の相場や封筒の書き方、お札の入れ方などについてご理解いただけたと思います。

突然訪れる葬儀や法事に際して相手に不快な思いをさせないためにも、しっかりとルールを頭に入れておくことが大切です。

葬儀探しでお困りなら、当サイトで一番おすすめな葬儀社をご覧ください。