供花とは違う「献花」って何?知っておきたいやり方や種類をご紹介

主に、キリスト教式の葬儀で行われる「献花」。

仏式の葬儀にしか経験のない方には、聞き慣れないことばかもしれません。

仏式の葬儀の場合、故人が眠っている棺に備えるお花は「供花」と呼ばれますが、献花はそれとも少し意味合いが違うようです。

では、献花とは一体どのようなものなのでしょうか。

 

本記事では、仏式ではない葬儀に参加する際に戸惑わないよう、献花について分かりやすく解説します。

献花とは

献花とは、告別式で故人を想いながら花をお供えすることです。

葬儀に参列した人全員が、祭壇に用意された献花台に1本ずつ花をお供えするのが一般的で、仏式の葬儀における、焼香と同じようなものだと考えると分かりやすいでしょう。

 

方法ですが、まずご遺族に一礼し、係の人から花を受け取ります。

この時花が右側に向くように受け取り、右手は花の下、左手は茎の下の方を上側から優しく持つとスマートです。

花を受け取ったら祭壇に向かって歩き、遺影に向けて一礼した後、花が自分側に来るように向きを揃えてから、献花台に花をお供えしましょう。

花をお供えした位置から少し後ろへ下がり、祭壇に一礼した後、もう一度ご遺族に向かって一礼してから戻ります。

 

献花は贈り物ではないため、自分で用意する必要はないので安心してくださいね。

献花 種類

献花では花の種類が明確に決められているわけではありませんが、代表的なのが白いカーネーションです。

もともとカーネーションは聖母マリアの涙から生まれたと言われており、花言葉にも「故人を偲ぶ花」という意味があるとされているのです。

しかし最近では、ユリや菊をはじめ、ガーベラ、フリージアなど故人が好きだった花を供えるケースも増えています。

花の種類に明確な決まりはなく、一輪咲きで茎が長く持ちやすい花であれば献花としてお供えできるため、淡いピンクや紫の花もよく見かけるようになりました。

あくまでも、献花は故人のことを想って捧げるものです。

基本的に長持ちする花であれば献花として使うことができるので、もしあなたが遺族側の立場で、これ以外にどうしてもお供えしたい花がある場合は担当者に相談してみましょう。

献花 タイミング

どのようなタイミングで献花を行うか、というのは遺族の希望や葬儀社によって異なるものです。

一般的には、仏式の読経にあたる「説教」の後に弔電が読まれ、その後に黙祷が行われてから献花となります。

流れを理解できてないと不安に感じるかもしれませんが、一般の参列者が先頭に立って献花をすることはまずありません。

喪主、遺族、親族の次に一般の参列者が献花をするという流れになるため、前の人に倣うように行うといいでしょう。

ただし、献花は最初から最後まで両手で丁寧に行うのがマナーです。

片手で行うのはマナー違反で失礼に当たるので、可能なかぎり荷物は座席に置いておくのがいいとされています。

置いておく場所がなければ持っていてもかまいませんが、腕や手首などにかけるなど工夫をして、必ず両手で行いましょう。

しっかり理解しておけばいざという時も安心

いかがでしたでしょうか。

この記事を読んでいただくことで、献花の概要や作法、タイミングなどについてご理解いただけたと思います。

葬儀の種類や内容は、故人や遺族の希望などによってさまざまです。

万が一の時に迷ってしまわないように、献花の流れと作法を覚えておきましょう。

葬儀探しでお困りなら、当サイトで一番おすすめな葬儀社をご覧ください。